つなぎ温泉の歴史

つなぎ温泉の歴史繋(つなぎ)温泉の開湯は、11世紀平安時代に遡ると言われ、開湯900年にもなる歴史ある温泉。

平安時代にこの地で起こった前九年の役(平安時代後期の奥州(東北地方)を舞台とした戦役)の際に、源義家が傷ついた愛馬を石に繋ぎ温泉に入浴したとする伝説に由来し、これが「繋(つなぎ)温泉」と名づけられたとされている。

また、義家の殺生を戒めた「猫石」の伝説があり、温泉街には穴の空いた「つなぎ石」や猫の形をした大岩が残されている。

江戸時代には、南部藩主やその家族が来訪した記録が数多く残され、賑わった様子が伝えられている。

昔の「繋温泉」は雫石川上流の御所村に所在し、第2次世界大戦以前は山間のひなびた湯治場だった。その後町村合併により一旦雫石町に編入され、旧御所村のつなぎ地区だけが分村して盛岡市に編入、現在に至っている。

戦後、宿泊施設の規模が拡大して雫石川近くまで温泉街が広がり、昭和55年に多目的ダムが完成し御所湖ができてから、現在のように御所湖畔の高台に温泉街が広がるようになった。

近年では、「つなぎ温泉」と平仮名での表記を用いることが多い。


関連記事

  1. つなぎ温泉の所在地
  2. つなぎ温泉周辺の観光地
  3. つなぎ温泉の豆知識

TOPPAGE  TOP